米朝会談はハイフォンにも影響するか??

イベント

米朝首脳会談まで、あと1週間といったところです。

ハイフォンでは、これと言った盛り上がりはありませんが、ハノイでは北朝鮮とアメリカの国旗が町中に掲揚されて、両首脳の歓迎ムードだとか??

少し変わったおもてなし(?)ですが、ハノイの美容院ではこんなサービスも行っているようです。

米朝首脳会談に合わせて「米朝首脳カット」を無料で提供とのこと。

私は遠慮しますが、興味のある方は一度足を運んでみては如何でしょうか?w

 

さて、外国の要人が来るとなると、気になるのは期間中の交通規制です。

ハノイで働く方は例外なく影響を受けるかと思います。

ハイフォン住まいの私は直接関係ありません(??)が、過去の事例を振り返ってみたいと思います。

 

 

【目次】

 

 

スポンサードサーチ

1.2016年オバマ大統領、訪越時の交通規制

こちらに、2016年オバマ大統領が訪越したときの交通規制概要が掲載されています。

日本人御用達のキンマー通りもしっかり封鎖されていますね。

 

2016年、私はベトナムに居なかったので、当時の様子は想像すらできません。ただ、以前オバマ大統領が訪日した際の事は、覚えています。

メトロやJRのゴミ箱、コインロッカーはほぼすべて封印され、使用が制限されていました。

警察官の知人に当時の話を聞きましたが、非番の職員も総動員で都心部のマンホールを開け、地下に不審物が無いか念入りに確認をしたそうです。

ベトナム政府がそこまでの指示を出すかは分かりませんが、当日はかなりの影響を受けると思います。

 

 

2.両国首脳はどこに滞在する?

北朝鮮の高官は、金正恩委員長の滞在ホテルなどを視察の為に25日に先遣隊として訪越の報道が既に出ていますね。

金委員長の途越については、空路ではなく陸路(鉄道)との報道もされています。

 

というのも、北朝鮮最高指導者の訪越は、1964年に金日成主席が行って以来、実に55年ぶりのようです。

祖父にあたる金日成主席が、鉄道でベトナム入りしたことから、同経路での途越を予測する声が強くあります。

 

 

滞在予定のホテルについては、まだ予測も上がっていませんが、韓国系のロッテセンターハノイでは?と勝手に予測しています。

一方、トランプ大統領の滞在場所については、オバマ大統領訪越時と同様にJW マリオット ホテル ハノイを推す声が強いです。

 

他にも候補としては、

などが挙がっています。

 

 

スポンサードサーチ

3.ベトナム滞在中の行動予測

かつて、ベトナム戦争を戦ったアメリカとベトナムですが、現在ベトナム人の対米感情は悪くありません。

ベトナム国内では、iPhoneMacは非常に人気がありますし、スターバックスやケンタッキーもかなりの店舗数があります。

 

また、南シナ海における中国の活動に対しては米越ともに強硬姿勢を保持し、連携関係にあります。

対中外交について、政府高官同士の会談は同時期に行われるかもしれません。

また、ノーベル平和賞の受賞に意欲を見せているトランプ大統領です。

ベトナム戦争の被害者やその家族、障害者財団などを慰問することもあるかも知れません。(可能性は低いと思いますが・・・)

 

一方、金委員長のスケジュールとしては、共産主義国の同胞としてベトナムの経済政策を視察という要素が強いようです。

滞在中は、主要工業団地を視察予定という報道がされていますので、近隣工業団地の視察が行われるのでしょうか?

可能性として、日系資本の工業団地視察は低いと思われます。

となると、VSIP3などが有力でしょうか?

 

一部の報道というか噂レベルですが、韓国のSAMSUNGLGの旗艦工場を視察するという説もあります。

国内外で政権の悩みを抱えている文在寅大統領が中心になって、金委員長を案内するのでは?という予測のようです。

となると、イエンビン工業団地、チャンズエ工業団地が候補となります。

 

チャンズエ工業団地視察となると、ハイフォンへも訪越団が訪れるということに・・

ここでまた、噂レベルの話ですが・・

ベトナム初の国営自動車会社、ビンファストのハイフォン工場も視察するという予測があります。(過去ブログに立地など記載してます。

 

韓国系の工場視察よりも、ドイモイ政策の象徴として自国の自動車会社の工場を案内するというのは有力な予測ですね。

あと1週間、北部はハノイ以外の日本人にも大きな影響が出るかも知れません。

引き続きニュースを注視していきましょう。