ハイフォンのオススメマッサージ情報

ハイフォン

「ハイフォン」でググると、意外と候補に上がるのが「マッサージ」のワード。
一言でマッサージと言っても色々とあるようですが・・w
特に「ベビーマッサージ」というと、性風俗いわゆる抜きアリのマッサージのようです。

本日ご紹介するのは、健全なマッサージですので、性風俗の紹介を期待された方はここでの離脱をオススメします。

 

 

【目次】

 

スポンサードサーチ

1.場所

先日のブログでハイフォン市北部の案内をさせて頂きました。
エリアとしては北部になります。

【ハイフォン】市内マップ≪北部編≫

 

ピザハットを目印に西側へ直進すると数分で到着します。
外観の写真を撮ったのですが、見事に暗くて分かりにくいです・・
ですので、グーグルマップから写真を拝借

鯉かな?ナマズかな?と言ったオブジェが目立つレストランが見えたらほぼ到着です。
写真の矢印の方向へ進むと「Queens Bay」というジム、ヨガ、スパ、マッサージの複合施設が左手に見えます。

 

2.お値段

今回が初マッサージ in ハイフォンでしたので、値段の相場も何も知らずにブッコミました。
とりあえず、ドア開けて入るとスタッフが声を掛けてくれます。
複合施設ですので、「マッサージ!」とはっきり伝えましょう。
今日は一人だけ日本語を話せるスタッフがいました。
(英語はほぼ通じませんでした・・)

さて、お値段です。
こちらのようになります。

 

何やらコースがたくさんありまして、一生懸命説明してくれました。
しかし、ベトナム語9割英語1割だったので、イマイチよく分からず・・
日本語を少しだけ話せるスタッフに「普通のマッサージ」と伝えたら、2か3番と教えてくれました。

https://www.instagram.com/explore/locations/296417867408515/queens-bay-viet-nam/?hl=ja

 

インスタで検索すると、確かに色々な写真が出てきますね。
スタッフには岩盤浴?っぽいのを勧められました。

本日は冒険したくなかったので3番の普通のマッサージ90分コースをお願いしました。
注意点ですが、施述語にチップと言って5万ドンほど要求されます。

 

スポンサードサーチ

3.サービス

受付で、「3番!」とお願いして、お会計を先に済ませると施術室に案内されます。(今日は3階でした)
半ズボンのスウェットを渡されて、履き替えるよう指示されます。
履き替えて、室内を少し見回しましたが、まぁ合格点と言ったところです。
目立って不衛生な箇所もなく、日本人でも問題なく利用できると思います。

少しすると、マッサージ師のお姉さん?おばちゃん?が入ってきて、Tシャツも脱ぐよう言われます。
言われた通りにTシャツを脱ぎ施術台にうつ伏せになります。
オイルのようなものを背中に塗られ、マッサージが始まります。

特に変わったマッサージでもありません。
「feel OK?」と片言の英語で、強さはいいか?と聞いてくれます。

指での指圧に加え、肘でもゴリゴリと押してくれます。
背中の施術では終盤になると、ホットストーンも登場します。

写真はイメージですが、こんな感じで石を使って、ツボ押しをしてくれました。
日本でもこのタイプのマッサージは受けたことがなかったので新鮮でした。

 

4.感想

日本人感覚では激安なマッサージです。
特別上手でもありませんが、下手でもありません。
以前、タイに旅行した時にもマッサージには行きましたが、技術はタイの方が上かと思います。

ただ、観光客向けに明らかに手を抜いたマッサージという雰囲気ではありません。
その点は、安心していただけるかと思います。

上半身裸での施術となるので、女性は少し抵抗あるかも知れません。
(ハイフォンであまり日本人女性は見かけませんがね・・)

座り仕事ばっかで疲れた・・という方は一度お試しいただくといいかも知れません。
ちなみに、ジムも併設されています。
会員料金を片言の日本語で尋ねると、年間2万円ほどでした。
こちらも日本人感覚では安いです。
先ほど貼ったインスタのリンクに参考画像があるので、ご興味ありましたら一度訪ねてみてはいかがでしょうか?