【高速バス】ハノイからハイフォンへの移動

ハイフォン

ノイバイ空港のあるハノイからハイフォンへ足を伸ばす方、あまり多くないとは思います。

まぁ、しかしハイフォンにはハロン湾という世界遺産もあるので一定数観光客はいらっしゃるかと思います。

私自身行った事がないので、検索画面ですが・・・

思ったより綺麗ですね。

今日は、ハノイから約100キロのハイフォンへの高速バスを使ったアクセスを紹介します。

(2019/3/17追記:ゆったりシートのリムジンバスをご希望の方はこちら↓もどうぞ。)

快適リムジンバスでハノイからハイフォンへ

 

私が以前書いた記事も一読いただけると光栄です。

 

【目次】

 

スポンサードサーチ

1.高速バスターミナル(ベンセーザーラム)へ行こう

まずは、ハノイ市内もしくは空港からタクシーもしくは先日のブログで紹介したGrabを使って、バスターミナルへ行きましょう。

「BEN XE GIA LAM」カタカナ読みすると「ベンセーザーラム」ですが、まずベトナム語は通じません。

ググって、下の住所をドライバーに見せましょう。

ちなみに、「ベンセー」というのが「バス停」という意味のようです。

 

 

2.高速バスの切符を買おう

ベンセーザーラムですが、多数の高速バス会社が入ってます。

今回は、何度か乗車した中でサービスの良かった会社「HAI AU」をご紹介します。

(バス停でスタッフっぽい人に「ハイフォン」というと、何かしらのバス会社の切符売り場へ案内してくれます。)

 

バス停の入り口入って左側(2018年11月現在)に「HAI AU」の切符売り場があります。

 

日本でいうみどりの窓口に近い雰囲気ですね。

ブースに入ったら、対面式の切符売り場にスタッフが座ってますので、「ハイフォン!」と伝えましょう。

(若干の英語なら通じます。)

行き先を伝えたら、すぐにチケットを発行してくれます。 (料金は100,000VND = 500円くらいです。)

下の写真のようなチケットで、レシートみたいな紙ですが捨ててはいけません。

乗車の際に必要になります。(バスを降りるまで持っていた方が無難です。)

 

発車時刻の10分前には、待合室(切符を買ったブースで待機してましょう。)

 

 

スポンサードサーチ

3.バスに乗ろう

ブースで座ってると、発車の5〜10分前くらいになると、スッタフがベトナム語で「12:00のバスにお乗りの方、バスへの移動お願いします。」的なことを大き目な声でアナウンスしてくれます。

不安だったら、切符を見せて、スタッフに「OK?」と聞きましょう。

身振り手振りで、OKかどうかは教えてくれます。

 

同じようにブースで待っていたベトナム人がぞろぞろと移動を開始するので、それについて行けば大丈夫です。

手動の改札があり、(切符切りの機械などないので、)切符の上をビリっと破ってくれます。

 

人の流れについて行くと、乗るバスに案内されます。

バスに乗ったら切符に記載の席番号を探しましょう。

出発の時刻になると、ガイドさん?が出発のアナウンスをしてくれます。

 

バスの乗り心地はあまりよくありませんし、大声で電話してるベトナム人も多数います。

2時間程度我慢しましょう。 (途中、休憩はないのでトイレは事前に済ませておきましょう。)

 

4.バスを降りる

今回乗車の高速バス、ハイフォン市内に入ってから、3箇所ほど停車しました。

下の切符の写真をもう一度見ますと、中間ほどの所に止まるバス停の記載があります。

このバスの場合、「Gia Lam → Cau Rao → Niem Nghia」とバス停の名前が記載されてます。

 

Bến xe Cầu Rào (ベンセーカウラオ)というのは、ハイフォン市南部にある大き目なバスターミナルです。

Lach Tray(ラックチャイ)という、市の動脈的な道路の南端にあります。

ここで降りてタクシーを拾うのもOKです。

 

私がオススメするのは、次の停留所です。

数キロ道沿いに北上した場所で降ろしてくれます。

ここを逃すと、結構西側に連れて行かれてしまい、市内中心部へのアクセスがあまりよくありません。

(下図、赤矢印がバスの進路です。)

 

お疲れ様でした。

以上、ハノイからハイフォンへの高速バス移動の旅でした。