ハノイの日系ビジホ、KURETAKE INN KIM MA 132に泊まってみた

ベトナム全般

ハイフォンからハノイに出張した場合、地味に困るのが宿泊先。

言葉の不安やサービスの不安。(英語通じるの?部屋は綺麗なの?)

これらを解決できるのが、ハノイに進出している日系のビジホかと思います。

今日は、体験記としてKURETAKE INN KIM MA 132をご紹介します。

 

【目次】

 

 

スポンサードサーチ

1.立地

まず始めに、ホテル名にもついていますが、「KIM MA 132」というのが住所みたいなものです。

KIM MA(日本読みでキンマー)という通りは交通量も多く、ホテルやショッピングモールも点在しています。

 

西側に進むと韓国ロッテの立派なホテル・ショッピングモール「ロッテセンター」もあります。

夕食の際は西側に更に進むと、「Linh Lang」(リンラン)という通りがあるのでそちらが便利でしょう。

 

 

2.設備・アメニティー

日本のビジホと同等のクオリティはあるかと思います。

部屋には、個別包装の歯ブラシセット、綿棒、髭剃り、クシなどが備えつけられており、足りない分がロビーで自由に持って行くことができます。

壁紙の剥がれなどが少し気になりましたが、浴室内も清潔で問題なしでした。

ハンドタオル、バスタオル、シャンプー、リンス、ボディソープ、なども一通り備えつけてあります。

(↑壁紙の剥がれが少し惜しい・・)

 

(↑簡易キッチンのようなスペースも)

(↑浴室は日本と同じ作り)

(↑日本のチャンネルも入りますが、館内のwifiは少し不安定でした・・)

 

 

スポンサードサーチ

3.サービス

朝食はバイキング形式です。

日本人観光客やビジネスマンがほとんどですので、卵焼き、焼き魚、味噌汁といった日本食メニューが充実しています。こちらも日本のビジホの平均点くらいはいってるかと思います。

また、駐在員ですと大きなお風呂が恋しくなります。

KURETAKE INNは10階に大浴場がありますので、ちょっとしたら温泉気分も味わえます。

(写真は流石に撮りませんでしたが、普通に掃除も行き届いてました。)

 

別料金になりますが、夕食も館内で食べれます。

 

館内には売店もあり、水、コーラ、ビール程度はこちらで購入できます。

(外のコンビニより割高ですが、まぁ許容範囲でしょう。)

 

公式サイトからも予約は可能ですので、ハノイで短期の滞在をされる際は一度お試しください。

1泊だいたい50$ほどです。値段は最近の東京のビジホよりも安いかと思います。

オススメです!