ベトナムでの人材採用は難しい  〜傾向と対策〜

ハイフォン

日本人も就職活動で履歴書を「盛る」ということはやります。
つまり、誇張して書くということです。

新卒の就活シーズンになると、ゼミ長やサークルの幹事長が増えるというのは誰もが聞く話ですw
ベトナム人も当然のごとく履歴書を盛ります。
ただ、日本人とは盛るベクトルが違うのです。

 

 

【目次】

 

スポンサードサーチ

1.喋れない言語の履歴書を送ってくる

ベトナムでの人材採用となると、人材会社を経由した採用が一般的かと思います。
Facebookを活用している会社もありますが、肌感覚では人材会社経由が多いです。

人材会社へ希望のスキルと給与のレンジを渡して、それに合致した人材の履歴書を送ってもらいます。
条件にもよりますが、2、3枚の履歴書は割とすぐ集まります。
弊社の場合はスタッフとのコミュニケーションは英語もしくは日本語ですので、それを条件にしても応募は来ます。

条件に言語の指定があるにで、全員ベトナム語と英語、もしくは日本語で書かれた履歴書を送って来ます。

そして、いざ面接となり、私が英語で話かけると、応募者が固まります。
英語なんて全く話せないからです。
最近は、時間が勿体ないので英語で自己紹介(名前と住所程度)できない応募者は、その時点で帰宅してもらってます。

ベトナム人の「出来る」を日本人のそれと同等に考えてはいけません。

 

2.一度でも使ったことのあるソフトや機械でも「エクセレント」

経理ソフトや工作機械、測定器具なんかでありがちなパターンです。
即戦力の経験者を募集しているので、「工作機械の設定〜測定が出来る人材」と募集をかけます。

応募者A
I am good at ****machine.

 

応募者B
I am excellent at ****soft.

 

応募者C
I have 5 years experience of machinery management.

 

なんていう頼もしい文言が必ず入っています。
自分を謙遜し過ぎる日本人も国際社会では笑われていますが、ベトナム人は自己評価が異常に高いです。

英語やカタコト日本語でコミュニケーションが取れたので、現場を案内して設備を見せると「使ったことある。得意だ。」くらいの事を言って来ます。

「よし!採用だ!」

と採用してみたのはいいのですが、実際に機械を触らせてみると機械の前で固まります。最悪の場合、機械をテキトーに操作して壊します。

 

スポンサードサーチ

3.採用した人材が募集条件に見合わない場合は?

ベトナムの雇用事情で、通常1ヶ月の試用期間が設定可能です。
支給する給与も、契約給与の85%以上であれば問題ありません。

ベトナムは社会主義国ですので、労働者の立場は相対的に強いです。
一度正規雇用(無期限雇用)した従業員は簡単には解雇出来ません。
ですので、試用期間を上手く使いましょう。

試用期間中に、仕事ぶりをみて能力が足りないと判断した場合は、契約解除を伝えましょう。
ベトナムの日系企業では出戻りを認めていない会社も多いので、彼らは職を失いますが、可哀想とも言ってられません。
(少し話が変わりますが、韓国企業の好条件求人に誘われて転職したけど、試用期間で切られるて出戻りを希望。なんて事例が結構あります。)

人材会社経由で採用した場合は、「2人まで代わりの人材を紹介」など会社によってサービスが異なります。
詳しくは、個別で各社にお尋ね下さい。

 

4.人材採用でハズレを減らすには?

予算次第ですが、履歴書と面談のみで希望の人材を引き当てるのは結構難しいです。
稀にアタリを引く事もありますが、完全に運任せです。

そこで、弊社は社内の技能検定を作成しました。

「この機械、使える!」と応募して来た者には一度、実際に機械を触らせます。
そして、こちらの指定した作業が出来るかをテストするのです。
思った以上に有効です。
とりあえず、全く操作が分からないハズレ人材を引く事が無くなりました。

また、経理についてはこんな経理テストもあります。
KIPテスト
弊社でも活用したことがあります。
経理の分野別に得点率を出してくれるので、弱点が分かります。
詳しくは、各社様でお問い合わせ下さい。

 

スポンサードサーチ

5.まとめ

ベトナム人も日本人も履歴書は「盛り」ます。
もはやこれは仕方無いです。
ただ、いざ異国でビジネスを初めて、ハズレ人材を引くというのはかなりダメージが大きいです。

高予算で求人を出して、試用期間で選抜するという手もあります。
ただし、人材会社を経由して採用した場合、試用期間で契約を解除しても手数料の返金は無しというパターンがほとんどです。

no-img2
筆者
ハイフォン地区はここ最近、人件費の高騰が著しいです。
やはり大規模採用を行なっているビンファストの影響はかなりあります。