ベトナム駐在員は東南アジアを旅行しよう!

ベトナム全般

ベトナム駐在キツイ・・とか、飯がマズイ・・・とか、稼働日数多い・・とか愚痴が増えがちです。

以前書いた愚痴ブログもよろしければどうぞ・・。

 

新年1回目の更新ということで、少し明るい内容のブログをひとつ。

 

ベトナム駐在員はオフを東南アジアで過ごそう」というモノです。

今年は天皇陛下の退位もあり、ゴールデンウィークは最大10連休とお正月休みをしのぐ大型連休となっています。

テレビでもやっていますが、昨年10月頃から旅行代理店には予約が殺到。

年明けの今となっては、アメリカ・ハワイ・ヨーロッパなど遠方の海外は既に予約待ちとのことです。(景気ほんとに悪いのかな?)

 

ベトナム駐在員に、ゴールデンウイークがあるかどうかは不明ですが・・、ベトナムから東南アジアへの航空券は安い!ということを力説したいと思います。

 

【目次】

 

スポンサードサーチ

1.日本からGWにバンコクへ行く場合

東南アジアが旅行地として不人気という訳ではありませんが、長期連休となると普段はいけない海外に行きがちです。ヨーロッパの3都市周遊とかは10連休フルに使わないと難しいですしね。

とはいっても、東南アジアも魅力に溢れた都市はたくさんあります。それに何より、日本からの予約もまだ間に合う!というポイントが大きいです。

 

さて、羽田=バンコクの往復直行便でGWの航空券がどれくらいでしょうか?

 

往復17万円・・・

遠方の海外よりも安価ではありますが、20万円近くの出費、これにホテル代やら食事代が加算されます。旅行会社を通すと、もう少し割高になっているのではないでしょうか?

 

 

2.ハノイからGWにバンコクへ行く場合

本題はここです。

駐在員の休暇は会社によりけりかと思います。

「年に2回休暇(テトとお正月など)あげるから、日本に帰っておいで」のパターン

「年に2回休暇あげる。1回は日本に帰って来なさい。もう一回は別にいいよ。」のパターン

 

挙げるとキリがありませんが・・、仮にGWに日本と同じ期間の休暇を貰えたとします。

是非、東南アジア旅行をおススメします。(ベトナム居てもやることないでしょ・・)

というのも、こちらご覧ください。

 

航空券がめちゃ安いです。

タイ・バンコクまで2時間で着くというのも魅力ですが、やはり3万円以下で行けるというのが最大のメリットです。

 

転職前にバンコクへは旅行に行ったことがありますが、正直ハノイとは比較になりません。

食事・買い物・洗練具合、どれもハノイよりも数段階上です。

さすがに駐在員、人気都市ランキングの上位ですね。

私はやったことがありませんが、ゴルフのコースなんかもかなり質が高いそうです。

 

スポンサードサーチ

3.おすすめのプラン

ベトナム北部(ハノイ・ハイフォン)駐在となると、単身赴任というご家庭が比較的に多いですよね。

そこで、私がおススメするのが、休暇中に東南アジアの都市に集合して過ごすというプランです。

 

仮に、日本からGW2人でバンコクへ行ったとすると、航空券だけで35万円ほど掛かります。しかし、ご主人はハノイから出発というプランを組めば2人合わせても20万円程度です。

高額であることに違いはありませんが約半額です。

ちなみに、LCCのエアアジアなんかを使うともっとやすいです。

 

ベトナムとタイ、隣国ですが都市化のレベルは圧倒的にバンコク(タイ)が進んでいます。

その分、物価も高いですが東京都比べたら、まだ安いもんです。

駐在で心身ともに摩耗した駐在員の皆様、是非一度近隣アジアでの休暇をご検討してみては如何でしょうか?